FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校メンタルヘルスリテラシーインストラクター養成研修

昨日も仙台はかなりの冷え込みとなりました。
そんな中、遠方からもたくさんの参加があったこの研修が
非常に関心のある、そして必要性を強く感じている方々が
多くいらっしゃるのだということを改めて思う内容でした。。

CIMG1731.jpg

被災地の中学校の先生、学生、看護師、カウンセラー、当事者、
他県からの参加者・・様々な方々が参加

この研修は全国で約8000人もの方が受講しているそう
インストラクターには、家族の方や当事者もおり、必ずしも
専門職や支援者が講師となるものではなく、広くたくさんの
方々にこの授業を担ってほしいとのこと

CIMG1733.jpg

中学校での「こころの体験学習」と題し
1年生から3年生までそれぞれ授業構成があり、、

1時間めと2時間めの授業構成について

例えば・・・

18.6%⇔こころの病にかかる確率
  これは5人にひとりの割合
0.63%⇔がんにかかる確率

どうでしょう・・・
これだけ多くの人々がこころの病にかかる割合が
多いのです・・・

こころが疲れたらどうすればいいのか

普段、みんなが病気になったらどうしますか?

など、日常的な話題と比較しながらお話していきます。

CIMG1740.jpg
そして、アニメーションをつかった寸劇での授業

なかなか恥ずかしいのですが、、生徒さん役、お姉さん役
など配役を決め中学生になったつもりで演じます!

CIMG1739.jpg
生徒参加型
アイテムを使ってメッセージを送る
なぜこの勉強が必要なのか・・・

気づいてほしいサイン

大人より子どもたちのほうが、
実はいろいろ我慢していたり無理したりしています

行動がすべてに見えるけれど、こころの奥底で思う
気持ちに寄り添っていくことができれば
注意サインに気づき、
自らSOSを出すことができるようになること

そのきっかけとしてこの授業での知識が活かされる日が
くることを願います


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。