FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者の雇用問題

最近、メディアが毎日のように掲載してきた「若者の雇用問題」
この2日間で毎日新聞、、読売新聞、、NHKなど様々なところで
取り上げてきている・・・

以下記事を抜粋↓

大卒正社員、3年で20万人離職…政府推計
読売新聞 3月20日(火)9時39分配信

政府は19日開いた「雇用戦略対話」で、大卒の2人に1人、高卒の3人に2人が、
無職や非正規雇用だったり、3年以内に仕事を辞めたりしているという推計を報告した。

推計によると、2010年3月に大学・専門学校を卒業(中退を含む)して社会に
出たのは77・6万人。このうち正規雇用で就職したのは56・9万人で、正規雇用と
なっても約3分の1の19・9万人は3年以内に辞めるとみている。

卒業した若者のうち14万人は、無職だったり、アルバイトなどの非正規雇用に就き、
6・7万人が中退するとした。

中退者や早期離職者、無職、非正規雇用に就いたのは計40・6万人(52%)に達する。
高卒は一段と深刻で、35万人のうち23・9万人(68%)にのぼる

若者の雇用 深刻な状況浮き彫りに
NHK3月19日 2時0分

おととしの春、学校を卒業した人などのうち、就職できなかったり早期に辞めたりした人が
大学や専門学校では2人に1人、高校では3人に2人の割合に上っていることが内閣府の推計で
明らかになり、若者の雇用がより深刻な状況に陥っていることが分かりました。

これは、全国すべての学校を対象にした就職調査や、雇用保険の加入状況などを基に内閣府が
推計したものです。
それによりますと、おととしの春、大学や専門学校などを卒業して就職した人は、
56万9000人でしたが、このうち19万9000人はすでにその仕事を辞めていました。
さらに卒業しても無職だったりアルバイトなどをしていた人は14万人、これに中退した
6万7000人も加えるとおよそ2人に1人に当たる52%が就職できなかったり早期に
辞めたりしていたと内閣府ではみています。

何年も前から問題視していたことではあるけれど、とうとう大きく
取り上げられることになったのは政府が作業部会を打ち出すことになったから?
なのか・・・

やっと気がついてくれたか・・・
というより遅かったんじゃないかと思うほど、、

学生は大変なのです。。

精神論とか、根性論とかそういったことではなく
社会構造の問題!

こういう構造に巻き込まれて社会との接点が途絶えると
メンタル的に誰もが弱くなっていく

早期の支援が必要

社会的弱者に転落することをなんとか未然に防ぎたい!!

そのための支援は惜しみなく行っていきたい
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。