FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用率

1888年(明治21年)に創業した仙台プラザホテルの廃業が決まってから、
しばらく建物がそのままだったが、とうとう解体作業が始まった

___20120524081308.jpg

仙台プラザホテルといえば、老舗の高級ホテルで、一時は著名人が必ず泊まる
常宿として有名であった。

時代の流れとともに、寂しさがこみあげてくる

この光景をみると自分も歳を取ったのだなあと感じてしまう・・・

昨日、厚労省が障がい者の雇用率を15年ぶりに2%に引き上げる方針を
発表した。。。

先日も障がい者の就職者(ハローワークを通じて)が過去最高の6万になったこと
も含め、嬉しいニュースが飛び込んでくる

以前は、数少ない求人票に多くの方々が応募していたのに対して、
いまはどなたかいらっしゃいませんか?と企業側が就職者をさがす
ほどに改善している。。。

一方で、大学生の就職率も改善されたとのニュースがあったが
それでも、雇用のミスマッチは続いており、県内の中小企業は求人を
出してもなかなか応募者が集まらないと嘆いているし、、
学生さんたちは、望む職域を探し求め就職活動に悪戦苦闘している。

どちらも就労支援として活動しているSwitchとしては
なんともやるせない気持ちである。

プラザホテルのような老舗が廃業するなんて
想像もしていなかった私としては、どの企業に入っても
未来のことは誰にもわからないなあと・・・

だからこそ、いま仕事をしている自分、いまこの時を
大切にしながら、いま自分ができることをまずやってみる!

その継続性が仕事の充実につながるのかもしれない
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。