FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本昔ばなし

先日、ラジオを聴いていたら「ごんぎつね」の童話の話が流れてきました。

確か小学校のとき国語の教科書に載っていたような・・・
どんな物語だったかすっかり忘れていたのですが、ラジオからのナレーションに
わたしとしたことが・・・涙ぐんでしまうではないですか!!

gon-gitune.jpg

こんな悲しい結末だったかと思ってしまいました。(ぜひ読んでみてください)

作者の新美南吉は、大正2年愛知県知多郡半田町(現在の半田市)生まれ、
29歳という若さでこの世を去りました。
来年は、生誕100年を迎えるそうです。

そういえば、子どもの頃、テレビで「日本昔ばなし」のアニメが放映されていて
毎週家族で楽しみにしていたことを思い出しました。

最近のテレビ番組は、子どもから高齢者まで家族全員で楽しめるような番組が少なくなったような
気がしているのはわたしだけでしょうか・・
カルピス劇場のアニメ、、、ハイジやフランダースの犬・・

そして、若者のテレビ離れが進んでいるようです。。
テレビっ子で育ったわたくしたちの世代は、テレビで新しい情報を入手したり、
知識を身につけたりしたことも多くありました。

テレビとは、そういう存在でした。
だから、教養を身につけられる番組が、民放でもあったなぁと。

本も電子図書の時代
私も、先日ipadに読んでみたい本をダウンロードしてみたものの、
いまだに読み終えていないんです。
しかし、本屋さんで購入した本はしっかり読み終えています。
本は、紙ベースで読まないと心情が伝わってこない感がします。

読書の秋とはいいがたいほど酷暑の日々ではありますが、
あえてゆっくり読書をする時間を作ってみると、
心豊かに過ごせる良い時間になりますよ♪


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。