FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リカバリーの話

先日、テレビである介護施設の挑戦!と題して
高齢者の就労支援を行っている介護施設を紹介していた。

そこでは、脳梗塞で右手が不自由になりながらリハビリを続けて
デイケアに通う方、認知症の方が暮らしている。

プログラムは、数十種類の選択プログラムからひとりひとりが個別で
選ぶものであった。

まさに個別支援である。

スイッチにも個別の選択プログラムがあるので、同じだなあと
観ていたら、リハビリが必要な高齢者の77%が自分で自分のことが
できるようになってきている。。。というのだ。

また、料理や創作、お仕事に繋がる作業で使う道具は
プロ仕様の本物を使っている。
本物のプロ仕様の機械を設置しただけで
皆さんが「どうやって使うのだろう、、」と興味しんしん
ワクワクしている・・・

高齢者の皆さんも元気になれるのなら、働きたい、
誰かに必要とされたいと思っている。。

そして、そこに映っていたのは
右手が不自由で、ぎこちなく、、でも一所懸命に包丁を持ち
野菜を切っている姿。

数ヵ月後の様子を取材していた姿が放映されていた・・
なんとスパッスパッと包丁さばきが素晴らしく
笑顔で元気にお仕事をしていた。。

リハビリだけでは治らなかった手が普通に動いている。

仕事をしているその姿は凛としていてとても素敵だ。

☆リカバリーの素敵なお話でした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。